食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

食べたあとのお片付けも食育のひとつ

食べたあとのお片付けも食育のひとつ

「食育」と聞くとまず思い浮かぶのは、栄養バランスの良い食事を食べる事や、栄養素について学ぶ事、食べ物を粗末にしないこと、好き嫌いをなくすこと、食料自給率を上げることなどです。

そればかりでなく、食べた後の片付けも食育のひとつと言えます。片付けの大事さについて見てましょう。

片づけが大事なのはなぜ?

おいしい食事を食べている時は幸福ですが、一通り食べ終わった後の片付けは面倒です。食べる事は好きでも、洗いものは面倒だという人はたくさんいらっしゃるでしょう。

特に子どもたちは料理も片づけも親任せという場合が少なくないはずです。しかし、片づけを家族全体あるいは子どもたちにさせるのにはメリットがあります。例えば後片付けには、余った食事をどうするか考えることも含まれます

普通余った野菜やその他の料理は、タッパーなどに保管して冷凍庫や冷蔵庫で保管します。この時にどんな方法で保管すれば長持ちするか、後でまたおいしく食べられるかを考えてもらうことで、食事を粗末にしない心を学べるでしょう。

またいつか家を出て一人暮らしをした時に、多めに作って保管することで、節約できることも学べるのもメリットと言えます。

廃棄するゴミからも学べる

子どもに捨てないといけないゴミを片付けさせることでも、食育を学ばせられます。例えば生ごみを処理する時には、それを肥料として再利用する方法を学ばせられます。

家庭菜園をしている場合、生ゴミを上手に利用することで栽培から収穫、調理、食事、土への還元という一連のサイクルを経験させることもできます。

どのように食料が生まれ、口の中に入り、別の食料を生みだす助けになるのかを知ることで、食材へのありがたみも増すはずです。

食育を家族全体で学ぼう

食育はこのように、後片付けも含む広範囲な教育です。まずは、食育を家庭から推進することで、食生活が改善されるだけでなく、子どもたちに感謝の心を植え付けることができます。

それを考えると、食育について家族全体で体系的に学ぶのは、とても良い事です。そのために、良い教材があります。それは諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/)」です。

この通信講座では、栄養学や社会における食育について学習して、食育の幅広い知識を吸収することが可能です。また最終的に食育関連の2つの資格を取得することで、いずれは職業に活かすこともできます。

家族みんなで学ぶことで、食卓ですぐに実践できて、より楽しく学べるでしょう。詳細な情報は公式サイトをチェックしてください。

まとめ

食育の一環として、子どもに後片付けを経験させる事によって、わずかな食材も無駄にせず、大切にいただくことを学ばせられます。家庭菜園と合わせて実践することで、その効果はさらに高まります。

通信講座も活用し、食育全般を家庭内で実践することも、とてもおすすめです。より豊かで健康的な食生活を楽しむようにしましょう。

食育健康アドバイザーW資格取得講座


TOP