食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

食べ物の好き嫌いを減らす方法

食べ物の好き嫌いを減らす方法

子どもの頃、親から「好き嫌いなく食べなさい」と言われたことがあるという人は、たくさんいるはずです。

食材にはそれぞれ体に大切な働きをしてくれる栄養素が詰まっていますが、好き嫌いが激しいと特定の栄養素を吸収できなくなる可能性があります。

子どもの食べものの好き嫌いを克服する方法について見てみましょう。

食べ物の好き嫌いを減らす方法1:その食材を使ったプロの料理を味わう

特定の食材が苦手という人はたくさんいます。苦くていやだとか臭いが苦手とか、口当たりがいやだとか、理由は様々です。しかし、その食材の適切な調理方法をもって料理することによって、苦手意識は解消される可能性は少なくないでしょう。

例えばその食材を使った美味しい料理を出すお店などに行って、味わってみるのは好き嫌い改善の効果があるでしょう。その食材をプロが作った美味しい味付けを堪能することで、イメージしていたよりもずっと美味しいことに気づけるかもしれません。

もちろん、すぐに再現するのは難しいとしても、レシピサイトなどを利用するなどして、味付けや他の食材との組み合わせを研究することでも、その味に近づけることもできるでしょう。

食べ物の好き嫌いを減らす方法2:その食材や料理の栄養素を学ぶ

単純に風味が苦手だとしても、ある食材にたくさんの栄養素が詰まっていることが分かることで、食べたくなることもあります。例えばゴーヤの苦みがダメという人でも、その苦み成分(モモルデシン)が実は胃腸の状態を良くしてくれる成分でもあることが分かれば摂り入れたくなるでしょう。

どの食材も、必ずと言っていいほど良いところがあるものです。それぞれのポジティブな面に目を向けることで、苦手意識を克服出来るようになります。

このように、少しずつ色々な食材を試して栄養素をふんだんに摂り入れることによって、体調を改善して病気予防をしたり、体調不良の対策になったりします。

どうしても苦手なら無理をしない

「ちょっと嫌いだ」というレベルではなく、気持ち悪くなるとか吐いてしまうというレベルである場合、無理して食べる事はありません。他の食材からも、その栄養素を摂り入れることはできるでしょう。

また、食事の時間はやはり楽しくあるべきです。苦行僧のようになって強引に食べることもありません。それによって、逆に食事がストレスになってしまいます。したがって、極端にたくさんの食材が食べられないというわけでなければ、平衡を取って食材を選択するのも大切です。

まとめ

食べ物の好き嫌いはできるだけ無くしたいものです。好き嫌いを減らす方法として2つのポイントを紹介しましたが、他にも対策できることはたくさんあります。

食育関連の通信講座などもたくさんあるので、受講してより多くの食材を楽しむようにするのもいいですね。


TOP