食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

食育資格はどんな職場で生かせる?

食育資格はどんな職場で生かせる?

食育という言葉が注目されるようになってからしばらく経ちましたが、食生活の改善については相変わらずいろいろな健康番組で取り上げられます

それを考えると、食育関連の資格を活かした職業を目指すのは、非常に良い事と言えるでしょう。具体的にどんな職場で資格を活かせるか見てみましょう。

食育資格を活かせる職場

食事は人間の生活にとって根本的な必要なので、食育を活かせる職場はたくさんあります。例えばスーパーの従業員として活躍できます。オーガニック野菜など健康食品に関心が高まっているので、食育資格を活かしてクライアントにより安全でより健康に役立つ素材を提案できる人材は貴重なはずです。

また飲食店に勤務している人にとっても食育は重要な要素です。健康志向が高まっているので、単においしいだけでなく体に良いものをメニューの中に取り入れることができれば売上アップにつながります。

製造業に従事している場合も同じです。商品企画の段階で食育のエッセンスを入れることによって、食生活の改善を目標にしている人にとって、より魅力的な商品を作り出せるでしょう。このように食育は食品全般の仕事において役立つ教育です。

食育資格を取るには

食育資格には様々な種類があって取得の方法も色々ですが、比較的容易に取得できる資格としては、日本安全食料料理協会主催の「食育健康アドバイザーhttps://www.asc-jp.com/test/syokuiku/)」や日本インストラクター協会主催の「管理健康栄養インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syokuiku/)」といった資格があります。

これらの資格を取得することで、食材に含まれる栄養素や体への影響、食育関連の国の取り組みなど広範囲な知識を有している事が証明されます。

これらの資格を取得するのに良い方法は通信講座です。毎日少しずつ学習をして、資格試験対策を行うことができます。

資格試験対応の講座

対応講座の一つに諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/)」があります。この講座は約2カ月から6カ月の学習期間で、上記の2つの資格を同時に取得することが可能な講座です。

初心者でも無理なく学べるカリキュラム内容で、分からない事があった場合でも、無制限に専門スタッフに尋ねることができます。忙しい人でも学習が続けられるように、1日30分ほどでも大丈夫なようになっています。

まとめ

食育を活かせる職場はたくさんあります。健康志向が高まる現代において、食に関連した職業に従事している人のスキルアップは大切な要素です。

そのため、食育関連の資格を目指して勉強し、今の職業、またはこれからの職業に役立たせるようにしましょう。資格に対応した対策講座もあるので、それらを活用するとより確実に資格取得ができます。

食育健康アドバイザーW資格取得講座


TOP