食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

献立の作り方と日常の食生活での生かし方

献立の作り方と日常の食生活での生かし方

「料理をすること自体は好きだけど、献立を考えるのは面倒くさい」、そんな風に感じている人はたくさんいらっしゃると思います。確かに献立を毎日考えて買い物をするのは大きな仕事です。

家族の健康のことや嗜好の事を考えた上で献立を考えるとなると、一苦労です。どうすれば献立を上手に考えられるか見てみましょう。

献立はレシピサイトで作ると良い?

インターネットで検索していると、料理のレシピサイトがいろいろありますが、献立を計画することと特定の料理のレシピを検索する事は少し違います

献立を作る時は、どんな料理を作るのが家族にとって最適かを考えて、料理の種類や使う素材を選ばないといけません。それに対して特定の料理のレシピを参考にする場合は、すでに決められた食材をレシピの分量や手順通りに作っていくだけです。

したがって、単純に食べたいものだけをレシピサイトを参考にして作る場合、栄養が偏ったものばかりになる可能性があります。

おいしい料理は作れるかもしれませんが、家族にとって最適な料理になるとは限りません。そのため、レシピサイトだけに頼って献立を作るのはあまりオススメできません。

献立の作り方

献立作りのコツの一つは、まとめて献立を考える事です。毎日毎日頭を悩ませるのではなく、一週間分くらいの献立表を作るようにしましょう。

他の事についてもそうですが、同じ作業をまとめて進めてしまう事は、とても効率的と言えます。1回考えてしまえば、その週は決めた通りに動けばいいだけだからです。

また毎日献立を考える場合は、数日前の料理と同じような食材を使ってしまって、栄養素が偏る可能性がありますが、1週間違う献立を考える事で、使う食材や調味料、料理法がバランスよくなります。

それによって、全体的に栄養バランスの良い献立が出来るようになります。

献立の具体的な作成方法

献立を考える時はまずはメインの材料を考えます。いわゆる主菜から始めます。肉や魚などメインをはる食材を決め、その味付けを何風にするのか考えます。使う主菜に合わせて副菜を考えていきます。

この時に食材のバランスが均一になるイメージで選択しましょう。主催でビタミンがたくさん摂れるなら、副菜ではミネラルや食物繊維を摂る、といった具合です。

最初は慣れないかもしれませんが、次第に共に主菜と副菜のより良い組み合わせが、簡単に思い付くようになるでしょう。

まとめ

献立を考える時は1週間くらいのスパンでまとめて考えるのがオススメです。それによって、バランスの良い食事が出来るようになります。ただ栄養素などについて細かな知識を得るには、食育を通して具体的な勉強をすることが欠かせません

最近では、食育で大事な栄養学や国の取り組みなどを一通り学べる通信講座も提供されているので、それらを活用して献立作りのヒントを得るようにすると、より効果的です。

初心者でも学びやすい講座としては、諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座」があります。

公式サイト(https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/)に詳しい情報が載せられているのでチェックしてみてください。

食育健康アドバイザーW資格取得講座


TOP