食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

子どもに命の大切さを教える方法

子どもに命の大切さを教える方法

食事をするということは、何かしらの命をいただいているということです。特に肉や魚など生き物を食べる時はそう言えます。

これらの素材をいただく時は、単純に味付けの事や栄養素のことだけでなく、命の大切さを教える機会にしたいものです。その際、子どもに命の大切さをどう教えたらいいでしょうか。

子どもに命をもらっていることを説明する

食事を通して子どもに命の大切さを教えるには、機会を見つけて食材がどのように作られているのかを説明する必要があります。例えば肉料理を出すのであれば、それがどの動物の肉で、処理される前は命を持っていたことを伝えられます。

その動物の写真を見せるなどしても良いでしょう。その動物の命が断たれたことで自分たちの体を作ることが出来るのだとちゃんと説明しましょう。

機会があれば、動物のいる場所に連れて行って、実際にそれらの命に触れさせることも、さらに理解を深めてくれます。

その食材がどんな役に立っているかを具体的に説明する

子どもの年齢にもよりますが、肉や魚が実際に自分の体にどんな風に役に立っているのかを説明するのも大事です。

例えば豚肉にはビタミンB1がたくさん含まれていますが、この栄養素は糖質をエネルギーに変換してくれる栄養素です。この栄養素があるおかげで、疲労回復効果があります。

そこで、子どもに「このお肉を食べると、○○(子どもの名前)がたくさん運動できるようになる」とシンプルに説明します。それによって、単においしいものとして肉を食べるのではなく、ありがたみも感じられるようになります。

子どもを教えるにはまず親が食育から学ぶ

子どもに命の大切さを教えるには、親が食育を通して食事の知識を増やす必要があります。どんな栄養素があるかということはもちろん、食事の大切さや、素材を大切にする心などを学ぶことで、毎回の食事の価値を認識できるようになります。

それを子どもに伝えることで、子どもが食事の時間を特別なものとして感じられるようになるでしょう。食育を学ぶのは難しい事ではありません。今は通信講座などでも食育について学び、資格を取得することもできるようになっています。

例えば諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座」では、2つの食育資格を取得して家庭や職場で活かせるカリキュラムを用意しています。こういった備えを利用することで、子どもに食育を上手に施していけるようになります。

まとめ

子どもには命の大切さを知ってほしいとどんな親でも思うものです。そのために、毎回の食事を利用するのは良い事です。食育を通して食文化を学び、子どもに命をいただくありがたみを知ってもらう様にしましょう。

食育健康アドバイザーW資格取得講座


TOP