食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

食育資格を学ぶための基礎知識

食育資格を学ぶための基礎知識

食育の資格にはたくさんの種類があります。資格を取っておくことによって、これから食関連の仕事に就く時に有利になったり、今就いている食関連の仕事でスキルアップを図ったりすることができます。

しかし、食育資格を取るには、体系的に知識を学ばないといけません。どんな知識が大切か、またどんな学習方法があるかをお伝えします。

食育資格を学ぶための基礎知識

食育は意味の広い言葉です。政府広報によると、「食育」とは、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身に付け、健全な食生活を実践できる力を育むことです。

食育は毎日の食事に関する知識がまず核となります。世代や性別で健全な食生活を実践するポイントは変わってきます。若い世代なのか、妊娠中か、肥満気味か、高齢者か、などといった要素で意識すべき点があります。

それぞれの立場の人により、バランスの良い食生活を提案したり、実践したりする能力を養わないといけません。また食育では、他の人と楽しく食卓を囲むことやマナーを学ぶ事、地域の産物や料理に触れることなども関わってきます。食育はまさに生涯続く広範囲の学習です。

食育を学ぶにはどうしたらいい?

食育を学ぶのに役立つツールに通信講座があります。どこかの専門学校に行くのは大変でも、自宅で気軽に学べる通信講座であれば家族みんなで一緒に食育に取り組みやすいです。

オススメする通信講座としては、例えば諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/)」があります。

この講座は初心者にも対応した、それでいてその道のプロが監修したカリキュラムが組まれています。公式サイトに詳細が書かれていますが、講座では食育の国の取り組みや諸外国の取り組み、食育と生活習慣病の関係、各栄養素の働き、推奨される食事、食事の取り方など様々なノウハウが勉強できます。

講座で食育資格が取得できる

この講座を受講して試験を受けるか卒業課題を提出することで、最終的に食育関連の資格を手に入れることができます。資格を活かして、自宅やカルチャースクールで講師活動をしてもいいですし、自分や家族のためにスキルを反映することもできます。

また現在食関連の仕事に従事している場合は、より良い食事を社会に提案するために学んだノウハウを活かすこともできます。取得できる資格は日本安全食料料理協会主催の「食育健康アドバイザーhttps://www.asc-jp.com/test/syokuiku/)」と日本インストラクター協会主催の「管理健康栄養インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syokuiku/)」です。

これらの資格は、栄養や生活習慣病など、食育の基本的な知識を有していることを証明するものになります。

まとめ

食育を活かす現場はたくさんあります。まずは自分の家庭で家族のために活かせます。また食関連の現場でも健全な食生活に関する知識や実践する力は求められます

最近は食生活の乱れが指摘されることが多いと同時に、健康志向の高まりも目立つ時代です。食育を家族みんなで実践して、毎日の暮らしをもっと楽しく豊かに、健康的に送れるようになりましょう。

食育健康アドバイザーW資格取得講座


TOP