食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

食育資格は家族で取得するのもおすすめ

食育資格は家族で取得するのもおすすめ

食育の重要性が近年しばしば叫ばれています。食事は健康な体を作るのに最も大切な要素の一つです。最近は食べるものが大量にある飽食時代である一方、栄養の偏り、すなわち偏食も多く見られるようになっています。

そのため健全な食を推進する食育は重要ですが、家族で食育資格を取ることのメリットについて見てみましょう。

家族で食育資格を取るとベター

家族は一緒に住んで同じ食卓を囲み、同じものを食べます。したがって、家族全体が食事に関心を持って、体に必要な栄養素について基本的な知識を持つことで、毎日の食事を楽しくおいしく健康的に頂くことができます。

それぞれが自分が単に食べたいものを主張していたとすれば、なかなかバランスの良い食卓になりません。しかし、家族全員が食育を通して、食材の魅力や健康作用について学ぶことにより、より良い食事選択が出来るようになります。

食育のプロを目指して食育の資格を家族で目指すのもオススメです。資格取得までの勉強が役立つのはもちろん、資格を活かすことで、食関連の仕事でスキルを発揮することもできます。

オススメの食育資格

食育資格は多岐にわたりますが、比較的短期間で取りやすいのは、日本安全食料料理協会主催の「食育健康アドバイザー」や、日本インストラクター協会主催の「管理健康栄養インストラクター」です。

これらの資格は栄養素や栄養素を含む食材知識、腸内細菌の体への影響、食育と生活習慣病との関連など幅広い知識を有している人に認定されるもので、取得すれば自宅やカルチャースクールで食育の講師活動もできるようになります。

食育のプロフェッショナルになるのであれば、普段の食生活をよりよく実践できます。どちらの資格も在宅受験で取得できるので気軽にチャレンジできます。

対応する食育資格講座

上記の2つの資格に対応する通信講座があります。それは諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/)」とSARAの「食育基本コース/プラチナコースhttps://www.saraschool.net/syoku/syokuiku/)」です。

これらの講座はおよそ2カ月から6カ月を目安にして食育全般について学び、資格取得に必要な知識を蓄えられるように組まれています。1日30分ほどの学習を進めていけば、初心者でも最終的に食育資格を取得できるようになっています。

諒設計ではスペシャル講座を、SARAではプラチナコースを選択すると、試験免除で卒業課題の提出によって資格が取得できるようになっています。

試験が苦手と言う場合はこちらのコースがオススメです。もちろん通常コースで試験を受けて合格してから取得する方法もあります。詳しくは公式サイトが詳しいです。

まとめ

食育資格やそれに対応する通信講座がいろいろ提供されているので、家族みんなで一度チャレンジしてみましょう。同じ食卓を囲む同士で食に関する知識をふんだんに取り入れれば、毎日有意義な食生活を楽しむことができるようになります。

健康的に寿命を重ねる上で健全な食を選択する力は欠かせません。国全体で取り組んでいる食育に詳しくなり、毎日を美味しく元気に過ごしましょう。

食育資格基本・プラチナコース


TOP