食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限と消費期限の違い

スーパーなどに行って食品を手に取るとよく目にするのが「賞味期限」と「消費期限」という表記です。この表記をみながら買い物するという人は多いはずです。

この2つは似ていますが、実は意味している事はかなり違います。どんな違いがあるのかを説明します!

賞味期限とは

賞味期限も消費期限も食品を安全にかつおいしく食べられる期間を示す指標として使われています。では、具体的にどんな差があるのでしょうか?

まずは賞味期限ですが、「その食品をおいしく食べられる期限」を指しています。この表記は一般的に日持ちする食品によく使われる表示です。日付ではなく年月で表記されることもありますが、「この食品はできればこの日付(年月)までに食べてしまうのが良いですよ」という事を意味しています。

即席麺とかお菓子、缶詰製品、ペットボトル飲料などでよく見かけます。ちなみに賞味期限の場合はたとえ日付を過ぎていても、すぐにどうにかなるものではありません。一応見た目や臭いなどをチェックした方がいいですが、問題なく食べられることもあります。

消費期限とは

今度は消費期限ですが、こちらは「その食品を安全に食べられる期限」を指した表記です。わりと傷みやすい食品に使われることがあります。したがって、消費期限は比較的、期限設定が短いのが普通です。

何日以内といったレベルで表記されます。コンビニなどで弁当などを見れば消費期限が表記されているはずです。こちらについては、基本的には期限の日付を過ぎたら食さないようにするのが無難です。

賞味期限と比べてわりとシビアにとらえたほうがよい日付表記と言えます。

食育を学んで健全な食品を選択できるようになろう

賞味期限や消費期限は、健全な食品の摂取の方法を示した例のひとつです。このような知識を学ぶことで、食事による健康リスクを避け、より健康な体を作るスキルが身に付きます。最近注目されている食育では、より良い食事を選択する能力を養うことが大事とされています。

これは子どもだけでなく、大人にも必要な能力です。出来るだけ健康に長生きするためには、食事は真っ先に改善しないといけないものです。食育を家庭に取り入れて毎日の食生活を豊かにしましょう。

まとめ

よく見かける食品表記である賞味期限と消費期限ですが、両者にはそれぞれ意味があります。安全な食品に関する知識を継続的に学ぶことで、より健康的な食品選択が出来るようになり、いっそう充実した毎日を送れるようになります。

食育に特化した資格や通信講座もあって、ますます健康志向が高まっているので、一度自分の家の食育状況についてチェックしてみると良いでしょう。


TOP