食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

食べ合わせの良い食材と調理方法

食べ合わせの良い食材と調理方法

日本にはたくさんの食材があって、旬のものや栄養素に優れたものが豊富です。とはいえ、食材は栄養素だけに注目して選べば良いものでもありません。

「食べ合わせ」を意識して、調理してあげる必要があります。食べ合わせの良い食材と調理方法についてご紹介します。

食べ合わせとは?

食べ合わせとは、食材の最適な組み合わせ、ないしは組み合わせのよくない食材のことです。ある食材と他の食材を合わせて調理すると、場合によっては食材の良さが引き出されるのに対し、場合によっては打ち消し合ってしまうことがあります。

この組み合わせを意識した食事を提供することで、食事の質はさらに良くなります。一例をあげてみると、ビタミンCとビタミンEの補完関係を挙げることができます。

両方とも有名な栄養素で、アンチエイジングに役立つものですが、この2つは一緒に摂取することで効果がより多くなるという特徴があります。それを知らずに、単体でビタミンEを含む食材だけを摂取していたのでは、もったいないことです。このように食べ合わせを知る事は、食育にとって大切なことなのです。

食べ合わせの良い食材

具体的な食材を例に、食べ合わせの良いものを挙げてみたいと思います。まずは肉とフルーツです。代表的な組み合わせが豚肉とパイナップルです。苦手な人もいるかもしれませんが、パイナップルのクエン酸は肉の脂肪分やたんぱく質分解に一役買ってくれるのでこの食べ合わせは良いのです。

他にも、揚げ物料理にレモンというのもあります。肉を調理する時はこうしたフルーツも意識しましょう。調理方法は極めて簡単で、フルーツを添えればOKです。

もう一つの例として、オニオンとタコが挙げられます。意外な組み合わせかもしれませんが、この組み合わせには、血行促進効果があります。オニオンは血液サラサラ効果があり、タコには血圧低下作用があります。

この2つはカルパッチョにすると簡単で効果的です。玉ねぎはみじん切りにしてドレッシングと混ぜ、スライスしたタコにかければ完成です。

食べ合わせの良い食材探しはどうすればできる?

食べ合わせの良い食材のことを「フードペアリング」と呼ぶ事がありますが、相性の良い食材を探してくれる「フードペアリング」という名前そのままのサービスが存在します(英語)。このサイトを使うと、組み合わせるとおいしい食材を教えてくれるので、非常に便利です。

そのうえこうした気軽なサービスに加えて、栄養素に関する知識を深めることも組み合わせの良さを考えるのに役立ちます。このように、知っているようで知らない栄養素の世界にもっと触れる必要があります。

最近では、食育の大切さやノウハウを学べる通信講座もあるので、活用することで、より良い食生活を楽しめるようになるでしょう。

まとめ

食材の種類はたくさんありますが、どの食材とどの食材を組み合わせるとおいしく栄養バランスもよく食べられるか、がある程度分かっています。その組み合わせを意識した上で食材選択をすることによって、料理の質はさらにあがります。

諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/)」のように、栄養素についての様々な内容を、しっかりと学べる通信講座もあるので、このようなツールも活用しながら、より良い組み合わせをさらに意識できるようになりましょう。


TOP