食育資格を栄養食を学べるおすすめ

食育資格を栄養食を学べるおすすめサイトイメージ

食事は毎日の楽しみでもありますし、身体を作っていく重要なライフワークですよね!食に関する知識とバランスの良い食事を組み立てられる能力は家族の幸せの基本と言えます。そんな食育の人気の資格と、その知識が体系的に学べるおすすめの資格についてわかりやすく解説してきます。子どもと楽しく

MENU

食育資格を子育てに生かしていこう

食育資格を子育てに生かしていこう

昔の人の有名な格言で、「1年先のことを考えるなら種をまけ。10年先なら木を植えろ。100年先なら人を育てろ」というものがあります。

教育はいつの時代も大切にされてきましたが、食育も大切な教育の一つです。食育を通してどんな良い影響を子どもに与えることができるか説明します。

食育は子どもの成長の基本

食育について簡単に復習すると、食育とは食に関連する知識を習得して、健全な食生活を実践できるように教育することです。食事は精神的な部分も含めて人間の体全体を形成します。

道徳的な教育や社会常識を学ぶのも大切ですが、健康な体がないとある意味それらを十分に学ぶことができません。そのため、食育は人間にとって根本的に必要なもののひとつと言えます。

食育によって「正しく楽しい食事」を身につけることで、心身ともに健やかな大人に成長出来るようになります。

食育の具体的なメリット

食育は具体的に何が良いかと言うと、まず成長や年齢に応じた食事が学べるようになります。幼児期や成長期、成長期後では食事の摂り方は変わってきます。それぞれの段階に応じた食事を摂ることで、最適な体作りに取り組めるでしょう。

また食育は、単に必要な栄養素について詳しく学ぶだけではなく、より食事を美味しくするための調理方法や食材の組み合わせについても考えられます。料理のバリエーションが増えることによって、それだけ食事への関心は高まります。

子どもが食事に興味を持つことで、自分でも料理を学び、出来合いの惣菜や外食に頼らない食生活に慣れさせられるでしょう。

また食育では、家族と一緒に食事をコミュニケーションの場にすることも大事にします。食卓を家族で囲むことで情緒も安定します。

このように食育には、子どもの健全な成長に欠かせない要素がたくさんあります

食育資格を取って食育を最大限に活かそう

食育について学ぶ方法はいろいろありますが、オススメする方法の一つは通信講座で勉強して資格を目指すことです。資格を目指して学習することで、食育について詳細に体系的に学ぶことができるからです。

また目標があると勉強を続けやすくもなります。食育関連の資格として比較的取得しやすいのは「食育健康アドバイザーhttps://www.asc-jp.com/test/syokuiku/)」や「管理健康栄養インストラクターhttps://www.jpinstructor.org/shikaku/syokuiku/)」などです。

在宅受験で取得できる資格で、国の取り組みや食材のイロハまで食育全般の知識を有している人に認定されます。資格を取得できた後は、食に関連した仕事を目指す時に強みになります

まとめ

食育は子どもの教育には欠かせない要素です。子どもだけでなく、大人にも大切なことを学べるので、積極的に普段の食生活に取り入れていく必要があります

食育のメリットについて考えつつ、資格を目指して学習することで、子どもがもっと食事の時間を楽しみにするようになりますし、何よりも健康に成長するのに役立つでしょう。

紹介した資格に対応する通信講座(諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/)」など)を利用することによって、資格をより簡単に取得できるので、受講も検討すると良いでしょう。

食育健康アドバイザーW資格取得講座


TOP